20代にエイジングケアは必要?

肌の老化を遅らせたいなら20代から始めましょう!

エイジングケアは年齢を重ねて肌トラブルが現われてから行うものと思われがちですが、本当は肌トラブルが現われる前に行うのが正解。早い段階からエイジングケアを行うことで、肌の老化を遅らせることができます。20代のエイジングケアで注目したいのは、肌を乾燥させないこと、くすみ・キメの乱れが起こらないようにすることです。主に表皮と角質層のケアに取り組みましょう。

20代のエイジングケアのポイント

20代のエイジングケアで欠かせないのは角質層の潤いをキープすることです。そして表皮を乾燥させないということです。ヒアルロン酸などの保水力に優れた保湿成分が配合された化粧品でケアしましょう。

20代でもうひとつ注目したいのはくすみとキメの乱れです。くすみやキメの乱れはターンオーバーの乱れが原因です。ターンオーバーが正常に機能していないと肌の老化を招きやすくなってしまうので、くすみやキメの乱れが起こっていないかチェックを怠らないことが大事です。

もし、くすみやキメの乱れが起こってしまったらターンオーバーを正常化させるケアを今すぐ始めましょう。ペプチドなどのターンオーバーを正常に導く成分が配合された化粧品でケアするのがおすすめです。

20代におすすめのエイジングケア化粧品をチェック!

20代には「ライスフォース」がおすすめ!
 角質層のうるおいをキープできる
⇒ 網の目のような立体構造をした保湿成分「ライスパワーNo.11」を配合しているので、角質層にたっぷり水分を溜め込んで蒸発を防ぐことができます。
 表皮を乾燥させない
⇒ 肌表面にジェリー状の層を形成する「ヒアルロン酸Na-2」「植物性スクワラン」が配合されているので、表皮の水分を長時間キープすることができます。
 くすみ・キメの乱れをケアできる
⇒ ターンオーバーの乱れを正常化してくれる「持続性ビタミンC誘導体」をたっぷりと含んでいるので、くすみやキメの乱れをケアすることができます。

20代に欠かせないエイジングケアを全て実現してくれる化粧品はライスフォースです!

年代別エイジングケア

20代はエイジングケアとは無関係と思われがちですが、この年代からエイジングケアに取り組んでいらっしゃる方は意外に多いです。というのも、やるのとやらないでは明らかに印象が変わりますし、30代、40代になったときにその差が歴然となって現われます。その時になって後悔しないように、今のうちから習慣にすることが大事です。そんな20代に最適なエイジングケア化粧品とは?