トップページ > 30代 > 30代がエイジングケアの分かれ道

30代がエイジングケアの分かれ道

30代のエイジングケアが将来の肌を決定づけます!

30代になると、ところどころでエイジングサインが出始めるので、気がついてエイジングケアを始める方もいらっしゃると思います。うすうす気がついていても、気付かぬふりで放置しておくと、将来の跳ね返ってくる可能性が高くなります。ですから、30代からエイジングケアを始めることは凄く重要です。30代に入りエイジングサインとして最も目につくのが、毛穴・小じわです。これらのエイジングサインに早めに気付いて、素早くケアを始めるのが大切です。

30代のエイジングケアのポイント

30代に突入すると、表皮・角質層に加えて基底膜に変化が生じてきます。すると、表情グセが定着して小じわなったり、ハリを保つことができなくなって毛穴が目立ち始めます。

そこで重要となってくるのが、ハリの源であるコラーゲンを保護するということです。加齢による影響でコラーゲン繊維が切断されると、肌のハリを保てなくなるので、コラーゲン繊維を切断させないようにケアする必要があります。

また、肌の水分量が減少し角質層が固くなると、表情グセが定着して小じわになってしまうので、角質層を柔らかくするスキンケアを行う必要があります。角質層を柔らかくする成分や保湿成分がたっぷりと配合された化粧品でケアすることが重要です。

年代別エイジングケア

30代のエイジングケアが将来の肌を決定づけます! 30代になると、ところどころでエイジングサインが出始めるので、気がついてエイジングケアを始める方もいらっしゃ