トップページ > 40代 > 40代がエイジングケアの本命

40代がエイジングケアの本命

40代にとってエイジングケアは毎日の習慣!

40代になると、肌の水分量が急激に減少するので、至る所で肌機能の低下が現われてきます。しかもこの年代は真皮組織に変化が現われる時期です。コラーゲンが減少したり硬化するので、シワ・ほうれい線・黄ばみといった肌トラブルが起こりがち。老け顔を印象づける肌の悩みが多くなってくるので、本格的なエイジングケアを始めるのに最適です。そして、透明感・ハリ・ツヤがどんどん失われてしまうため、エイジングケアを習慣化することを忘れないようにしましょう。

40代のエイジングケアのポイント

30代と40代の決定的な違いは肌の悩みが真皮組織まで進行しているということ。シワやほうれい線が目立ってくるのはこのためです。ですから、真皮組織に働きかける成分配合の化粧品でケアする必要があります。

ここで注目したいのが、真皮組織のコラーゲンとエスラチンです。真皮に存在するこれらの成分を再生させることが重要となってきます。そこで、コラーゲンとエスラチンを産生する働きをもつ繊維芽細胞を活性化させることが重要となります。

また、真皮組織の若さを保つためには、真皮幹細胞を活性化する必要があります。ですから、真皮幹細胞にアプローチしてくれる成分が配合された化粧品を選ぶ必要が出てきます。

年代別エイジングケア

40代にとってエイジングケアは毎日の習慣! 40代になると、肌の水分量が急激に減少するので、至る所で肌機能の低下が現われてきます。しかもこの年代は真皮組織に変