50代のエイジングケアで注目すべきはここ!

50代のエイジングケアはフルラインで積極的に!

50代は深いシワが増えたり、ほうれい線がくっきり目立ってくる年代です。それだけでなく、フェイスラインのたるみ・肌の弾力がないといった症状も見られるようになります。これらの症状は、加齢によって真皮から皮下組織にかけてコラーゲンが変質し、ゆるんだ表皮が脂肪を支えることができなくなってくるために起こります。つまり、肌内部の真皮組織と外側の表皮の両方にアプローチするエイジングケアが必要となってきます。

50代のエイジングケアのポイント

50代は表皮の組織変化や真皮細胞の変質などが進行し、肌のハリと弾力が急激に失われる年代です。ですから、表皮組織と真皮組織の両方にアプローチする化粧品でケアする必要があります。

真皮組織の変質を防ぐためには40代のエイジングケアと同様に、真皮細胞を再生させることが重要となります。コラーゲンとエスラチンを生み出す繊維芽細胞を活性化させる成分配合の化粧品で徹底ケアしましょう。

また、表皮のゆるみがフェイスラインのたるみに繋がっているので、ゆるんだ肌を物理的にリフティングするケアが必要となります。肌をピンと張ってくれる成分が配合された化粧品でエイジングケアを行いましょう。

50代におすすめのエイジングケア化粧品をチェック!

50代には「ラグジュアリー・デ・エイジ」がおすすめ!
 真皮細胞を強力に再生してくれる
⇒ 真皮細胞の再生を促す「EGF」が配合されていますが、加齢とともに「EGF」に対する反応が弱まってきます。そこで、「EGF」に対する応答力を呼び覚ます「EGFエンハンサー」を配合し、年齢を重ねても真皮細胞を再生できるようにしています。
 たるみを引っ張り上げるケア
⇒ 肌表面にネットを張り巡らせ、ゆるんだ肌を物理的にリフティングしてくれる「コルクガシ樹皮エキス」を配合。重力に負けて垂れ下がった肌を長時間ピンと張った状態に形状記憶することができます。
 ゆるみ肌をピンと引き締める
⇒ 加齢により筋肉が衰えることで進行したゆるみ肌。このゆるみ肌を筋肉の収縮する力を高める成分「DMAE」によって、ピンと引き締めることができます。

50代以降でも真皮細胞を再生できるのは「EGF」「EGFエンハンサー」が配合されたラグジュアリー・デ・エイジだけ!

年代別エイジングケア

50代はエイジングケアをきちんとしているか怠けているかで、その差がはっきりと現われやすい年代です。老けて見えるか若々しく見えるかはお手入れ次第で変わってきます。長期的に効果が現われてくるものも大事ですが、やはり、即効的な効果も期待したいところ。使ってすぐに実感できるようなアイテムが良いですね。50代に相応しいエイジング化粧品はこちらです。